トイレ

ペットを飼う場合、トイレは大きな問題となることがあります。特に室内で飼う場合はあちこちでトイレをされてしまうと後片付けや掃除が大変です。そのため、きちんとトイレの環境を整え、決まった場所にトイレをしてもらう必要があります。ここではさまざまなペットのトイレのしつけ方、覚えさせ方、トイレの種類などをご紹介します。

PICKUP

「トイレ」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
トイレ
読み方
といれ
解説
トイレとは「Toilet」の略で、大便、小便などの用を足す場所のことを意味します。そのため、日本語では「便所(べんじょ)」と呼ばれ、周囲に悪臭を放ったり、衛生面で悪影響を及ぼす汚物を処理するための場所となります。トイレは人間の場合、特に日本ではほとんどが水洗ですが、ペットにおいては、特定の場所にシーツや砂などを置いてその上で排便を行わせることが一般的です。人の場合と同じく、ペットの排便も多くは悪臭を放ち、衛生面で悪い影響を及ぼすため、トイレの上で排出させた後になるべく早く処理する必要があります。また、ペットの場合は野生のときと勝手が違う場合も多いため、トイレを覚えさせるのにはトレーニングが必要となることがあります。ペットの種類によってはトイレを覚えさせるのに時間がかかる、あるいは覚えさせることができない場合もあるので、しつけ方や室内を清潔に保つための工夫が必要となります。
関連用語