爪切り

ペットの鋭く尖った爪はときに非常に危険です。コミュニケーションを取るときに、不意に怪我をしてしまったり、ペット自身を傷つける原因にもなります。そのため、飼い主さんやペットの安全を守るためにも定期的に爪を切ることが大切です。ここではペットの爪の切り方や、頻度、爪を切るためグッズなどをご紹介いたします。

PICKUP

「爪切り」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
爪切り
読み方
つめきり
解説
爪切りとは余分に伸びた爪の先を切ること、あるいはそのための道具のことを言い、さまざまな種類があります。刃先が爪形になった金属製のものや、ハサミ型のもの、ニッパー型のもの、巻き爪用に先が鋭利に作られたものなどがあります。通常、自然界においては爪切りは不要で、一定以上長くなると自然に折れたり、特定の行動をとることであえて爪を鋭く尖らせようとします。主に猫であれば爪とぎと言って、木などを利用して爪を鋭く尖らせ、犬の場合は地面に穴を掘ることで爪を研ぎます。野生で生きる上では爪は武器となるため、爪を研いで鋭くさせる必要がありますが、ペットとして飼育する場合、鋭く伸びた爪は危険でケガやトラブルの原因となります。ペットによっては爪を放置することで、折れてケガをしてしまったり、中には品種改良によって伸びた爪が巻き爪となってしまうこともあるため、定期的に爪を切る必要があります。