キャンベルハムスター

キャンベルハムスターは「ドワーフハムスター」と言われる小さなハムスターの仲間です。他のハムスターと比べると気の強い子が多く攻撃的な一面があり、日本ではあまり見かけなくなりましたが、ヨーロッパやアメリカでは今でも大人気のハムスターです。そんなキャンベルハムスターの特徴や飼い方のポイントなどをご紹介します。

PICKUP

「キャンベルハムスター」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
キャンベルハムスター
読み方
きゃんべるはむすたー
解説
キャンベルハムスターは、ヒメキヌゲネズミ属の一種でロシアやモンゴル、中国など、中央アジアや北アジア原産のハムスターです。キャンベルハムスターは「ジャンガリアン」や「ロボロフスキー」などと同じく「ドワーフハムスター」と呼ばれる種類の一種で、外見がジャンガリアンハムスターと非常によく似ていますが、キャンベルハムスターの方がジャンガリアンハムスターよりも一回り大きく、お尻が小さく締まっており、とても活発で気が強い性格をしています。またドワーフハムスターの中では毛色や毛質の種類が豊富な種類です。1994年、キャンベルハムスターとロボロフスキーハムスターは同時期に日本に来ましたが、日本ではジャンガリアンハムスターの方が人気が高く、流通している数も多いですが、ヨーロッパやアメリカではキャンベルハムスターはとても人気が高いハムスターです。
関連用語