ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターはハムスターの中でももっとも古くからペットとして飼われており、一般的によく知られている人気のある種類です。一大ブームを巻き起こしたアニメ「とっとこハム太郎」の主役キャラクター”ハム太郎”のモデルにもなりました。そんな人気のゴールデンハムスターの特徴や飼うときのポイントなど気になる情報をご紹介します。

PICKUP

「ゴールデンハムスター」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
ゴールデンハムスター
読み方
ごーるでんはむすたー
解説
ゴールデンハムスターは、ゴールデンハムスター属の一種で、別名「シリアンハムスター」と言います。ハムスターの中でもっともよく知られる種類なので、狭義にはハムスターというとゴールデンハムスターをさす場合があります。原産国はシリア、レバノン、イスラエル、パレスチナ等、中東のレバント地域で、夜行性の動物なので野生では地面に掘った穴の中で生活しており、昼間は寝て過ごし、夜になると活発に活動を始めます。また、乾燥地帯で生活していたため雑食性で、植物の葉、茎、根、木の実から昆虫、さらには自分よりも小さい小動物を食べることがあります。ハムスターの中でも頭のいい個体が多く、温厚で人懐っこい性格なため、とても人気の高いゴールデンハムスターですが、縄張り意識が強く単独行動を好み、自分よりも小さい動物を食べるなどの性質があるため多頭飼いには向いていません。
関連用語