赤ちゃん

生まれたばかりの子供である赤ちゃんは、たいていの場合、か弱くて可愛らし姿をしています。そのためなのか、犬や猫などの多くの動物は赤ちゃんに寛容で、優しいしぐさをとることが多いです。ここではさまざまな動物の赤ちゃんや、ペットと赤ちゃんの関わり方、人間の赤ちゃんとほかの動物が交流する癒し画像や動画などをご紹介します。

PICKUP

「赤ちゃん」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
赤ちゃん
読み方
あかちゃん
解説
赤ちゃんとは生まれたばかりのことものことを言い、赤ん坊や赤子などと呼ばれることもあります。動物によって異なる場合もありますが、多くの場合、赤ちゃんは体が弱く、生きていくための援助が必要となります。また、哺乳類や鳥類は赤ちゃんと大人とで毛の色や毛質、羽などが異なることがあり、愛らしい外見をしていることが多いです。これは周囲からの援助を受けやすくするためだという解釈もあります。人間の場合、1歳に満たない子供のことを乳児といい、生まれてから28日未満の乳児のことを新生児といいますが、動物によって何歳までが赤ちゃんなのかは異なります。また、鳥類の場合は卵からかえって間のない子供のことを雛(ひな)と呼びます。哺乳類は基本的に母親が赤ちゃんに授乳を行って育てていくのにたいして、鳥類の場合は親鳥が雛の口元まで食事を運んできて食べさせるということが多いです。
関連用語