子犬

犬の子供である子犬は非常にかわいい姿をしており、よちよちと歩くその無邪気なしぐさに癒される人も多いとおもいます。しかし、子犬はの時期は今後の成長においてとても大切な時期となるためしっかりと世話をする必要があります。ここではそんな子犬のしつけ、飼い方、注意すべき病気や、かわいい動画や画像などをご紹介いたします。

PICKUP

「子犬」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
子犬
読み方
こいぬ
解説
子犬とは犬の子供のことをいい、英語では「puppy」と言いいます。日本でも同じように子犬のことをパピーと表現することがあり、子犬だけが集まる会を「パピーパーティー」と言ったり、子犬用のフードなどにも「パピー用」と記載されていることがあります。子犬の時期は犬種によって異なり、小型犬では3ヶ月~生後6ヶ月くらいまでのことを言いますが、大型犬の中には1歳くらいまでは子犬と呼ばれる犬種もいます。これは小型犬などは1歳で骨格が成犬と同じくらい成長するのに対して、超大型犬などは2歳くらいまでは骨格の成長が続くためです。犬にとって子犬の時期は今後の成長に非常に重要で、特に生後12~14週までを「社会化期」と呼び、人間社会で生活をする上で出会うさまざまなものに慣れさせる必要があります。また、この時期は免疫力が弱く感染症にかかりやすいため、健康管理にも注意しなければなりません。
関連用語