猫と赤ちゃん

猫と言えば気に入らない相手には猫パンチを叩き込むというイメージがあります。しかし、猫も赤ちゃんのことをか弱くて援助が必要な存在だと認識しているためか、赤ちゃんには寛容で、優しいしぐさをとることが多いと言われています。ここでは猫と赤ちゃんの関わり方や、注意点、人間の赤ちゃんと猫が交流する癒し画像や動画などをご紹介します。

PICKUP

「猫と赤ちゃん」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
猫と赤ちゃん
読み方
ねことあかちゃん
解説
赤ちゃんとは生まれたばかりのことものことを言い、人間の場合、1歳に満たない子供のことを乳児、生まれてから28日未満の乳児のことを新生児といいます。基本的に赤ちゃんは体が弱く、生きていくためには援助が必要です。そのため、ペットと触れさせるのは危険を伴う場合がありますが、猫は意外にも赤ちゃんに寛容な態度を示すことが多いと言われています。もちろん個体差はありますが、尻尾をつかんだり、雑に扱われても怒ったりせず、反対に子供を守ろうとする行動を見せることがあります。これは猫の親子関係が関係していると言われています。猫はある程度成長するまではは猫と一緒に過ごし、いろいろなことを教わります。こうした記憶から、猫は赤ちゃんを守るべき対象と認識し、寛容に接するのかもしれません。
関連用語