柴犬

日本人なら知らない人はいないくらいおなじみの「柴犬」。主人に対して非常に忠実な性格をしており、天然記念物にも認定されています。くるりと巻いたしっぽと凛々しい顔立ちで今や海外でも人気になりつつあります。そんな日本を代表する忠犬「柴犬」の性格や特徴、飼い方、かわいい動画や画像などをご紹介いたします。

PICKUP

「柴犬」に関する記事

記事

専門用語

専門用語
柴犬
読み方
しばいぬ
解説
柴犬は古くから日本に住んでおり祖先は縄文時代から存在していたといわれています。昔は獲物を追う猟犬として飼われており、ときにはイノシシやクマと戦うこともありました。古くから日本の気候に慣れ親しんできたため、柴犬は日本の四季の変化にも対応することができ、高い山で育ったため寒さに強く体が小さくなったともいわれています。日本犬全般にいえることですが、柴犬は野性味が強くオオカミに非常に近い犬種で、オオカミと非常に近いDNAを持っています。そのため去勢手術を行っていないオスは縄張り意識が強く、攻撃的な一面を見せることもあります。また、柴犬は絶滅せずに生息することを目的として「天然記念物」に認定されています。日本にはかつて「秩父犬」「青森犬」などたくさんの犬種がいましたが、その多くの純血種は絶えてしまっています。柴犬もこれらの犬のように純血種が途絶えてしまわないようにと天然記念物に認定されているのです。
関連用語